ライプチヒの J.S. Bachを訪問

2018年3月6日

マイクと私は二人ともミュージシャンなので、ベルリンに向かう前にライプチヒに立ち寄ることにしました。 ライプチヒには豊かな音楽史があります。 世界で最も古いオーケストラの1つであるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の本拠地であることに加えて、この都市を歩く最も有名な作曲家のうちの2人、ヨハン・セバスチャン・バッハとフェリックス・メンデルスゾーンの本拠地でもありました。 午後の計画は聖トーマス教会とバッハ美術館を訪問することでした。

おすすめリスニング:J.S グレン・グールドによるバッハの「ゴールドバーグ変奏曲」。 ちょっとしたムードミュージックではどうですか?

ライプチヒに着くために、我々はNürnbergHauptbahnhofからICE(都市間高速)高速列車を利用しました。 ドイツのICE列車はかなりまともです — 特にアメリカの古き良きアムトラックと比較すると。 ニュルンベルクからライプツィヒまでの所要時間は2時間強でした。

バッハ美術館の向かい側にある聖トーマス教会(Thomaskirche)が私たちの最初の停留所でした。 J.S バッハは1723年から1750年までこの教会の音楽監督を務めました。音楽史の点では、セントトーマス教会はリチャードワグナー、フェリックスメンデルスゾーン、そしてW.A.モーツァルトとも提携しています。

教会を歩き回るのはちょっと現実的ではありませんでした、そしてそれは本当に私に時間の影響について考えさせました。 数百年前、J.S。 バッハは毎日この教会で生の執筆と演奏を行いました。 これは彼の仕事でした — ちょうど私たちの何人が毎日オフィスに行くかのように。 彼の音楽がいつの日か世界中で尊敬され、研究され、そして演奏されるということが彼の考えを超えたのではないかと私は疑問に思います。 美しいステンドグラスの窓にはさまざまなシーンが描かれていますが、そのうちの2つはJ.S専用です。 バッハとフェリックスのメンデルスゾーン — 右から2番目の窓の中央のタイルはメンデルスゾーンの肖像画です。

おもしろいことに、聖トーマス教会は私の「最も美しい教会」リストのトップには程遠いです。 同時に、バッハが毎日この建物を通り抜けてきたことは、驚くべきことではありません。 多分これはあなたの夢を追いかけて毎日カウントすることの重要性についてのレッスンです。 あなたはあなたが行った後にあなたがどのように覚えられているのかを決して知りません。 この事実だけで、この教会はそれなりに美しいものになります。

教会を訪問した後、私たちはバッハ美術館に歩いて行きました。 私は実際には音楽作曲家博物館の大ファンではありません。 私はウィーンのモーツァルト美術館はあまりうまくまとまっていないと思ったので、バッハ美術館に大きな期待はしていませんでした。 ええ、私は間違っていました…私はバッハ美術館が大好きでした。 それはとてもうまくレイアウトされていて、展示は面白くて魅力的な方法でデザインされています。

私は本当にリスニングルームを楽しんでいました、そしてモーツァルト美術館にもそれがあったらいいのにと思います。 ドイツにいたので、私はその部屋がどういうわけかSennheiserによって後援されなかったことに驚きました。 まともなアンプを搭載したいくつかのHD600またはHD800ヘッドフォンで部屋をトリックするのにSennheiserがいくらかかりますか? 私は博物館が非常に多くのクラシック音楽愛好家によって訪問されることを考えるとそれはかなり良いマーケティングの機会になるだろうと思います。

J.S バッハ自身がこのオルガンを弾いた…すごい。

私は本当にタイポグラフィと書道に興味があるので、Bach-Arkiv InstituteがBachの手書きを広範囲に研究してきたことを学ぶことに非常に興味がありました。 どうやらバッハの音楽コピー作家は楽譜をコピーしている間彼の手書きをエミュレートすることを非常に懸命に試みた。 今日はあまり考えすぎないと思います。 楽譜作成ソフトウェアの出現で、作曲家の手書きをエミュレートする理由はありません。 私は、コピーリストの仕事ができるだけ目に見えず透明であることが魅力的だったと思います。 それは音楽に関しては作曲家が神であることを示しているだけです。

バッハ美術館で1時間半後、ライプツィヒ中央駅に戻り、ベルリンへの夜行列車に乗りました。

その日は急いでいましたが、私たちが聖トーマス教会とバッハ美術館を訪問する時間を作ったことを嬉しく思います。 ライプツィヒは間違いなく私が再び訪れるべき場所のリストに載っています。そして、私はSt. Thomas ChurchでのSt. Matthew Passionの公演に参加したいと思います。

ライプチヒからおやすみなさい!


質問は?

ツイッターまたはメールで問い合わせ。