macOSでImageMagickを使ってPDFを画像ファイルに変換する方法

2018年12月18日

PDFを画像ファイルに変換するには、HomebrewImageMagickGhostscriptをインストールする必要があります。 HomebrewはmacOS用のパッケージマネージャで、これを使用すると単一のコマンドでさまざまなソフトウェアパッケージをインストールおよび管理できます。 ImageMagickは、画像処理と操作に関するスイスのアーミーナイフと考えることができます。 Ghostscriptは、ImageMagickがPDFファイルを処理するために必要なPDFインタプリタです。

Homebrew、ImageMagick、Ghostscriptをインストールする

まず、以下のコマンドをターミナルのプロンプトに貼り付けてHomebrewをインストールします。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

次に、このコマンドでImageMagickをインストールしてください。

brew install imagemagick

最後に、このコマンドでGhostscriptをインストールしてください。

brew install ghostscript

ImageMagickを使用してPDFを画像ファイルに変換する

PDFを個々のPNGファイルに変換するには、以下のコマンドを使用してください。 ImageMagickはさまざまな画像フォーマットをサポートしているので、ターゲット画像ファイルの拡張子にJPG、GIF、TIFFなどを使用することもできます。

convert file.pdf file.png

入力ディレクトリと出力ディレクトリを指定することもできます。 以下の最初のコマンドは私のデスクトップにoutputという名前のフォルダを作成します。 2番目のコマンドは私のデスクトップにfile.pdfを取り、outputディレクトリに保存されている個々のGIFファイルに変換します。 これは、多くのページがあるPDFに組織的に役立ちます。

mkdir ~/Desktop/output
convert ~/Desktop/file.pdf ~/Desktop/output/file.gif

変換されたイメージがぼやけている場合は、イメージファイルのPPIを指定する-density引数を変更してください。

convert -density 300 file.pdf file.png

変換例

私は自分のコンピュータで次のコマンドを実行しました。

mkdir ~/Desktop/output
convert -density 300 ~/Desktop/file.pdf ~/Desktop/output/file.png

ご覧のとおり、ImageMagickはPDFを3つのPNGファイルに変換しました。

それでおしまい。 ImageMagickは、単一のコマンドでPDFファイルを個々の画像ファイルに変換するための優れたカスタマイズ可能なツールです。


質問は?

ツイッターまたはメールで問い合わせ。