Substratumは損失を取り戻すためにICO資金でETH / USDT取引を開始

2018年12月22日

今週初め、Substratum CEOのJustin TabbがSUBトークンの交換とスマートコントラクトのアップデートに関する詳細をビデオで共有した。 ビデオの終わり近くで、Tabbは、財務管理に対するSubstratumの姿勢について説明します。 具体的には、Tabbは、社内のトレーダーが、SubstratumのICOから調達したETHを使用して、会社のETH保有を増やすことを目的として取引を行うことを明らかにしました。 私の知る限りでは、この動きは他のICOが資金提供するプロジェクトが規制のない取引所でのICO資金の取引を公に認めていないという意味で前例のないものです。 私たちがこの発表の意味合いと含意に入る前に、ここにJustin Tabbの声明があります。

There were some questions regarding a few months ago, or maybe a month and a half ago, we did a cash in of 1,000 Ethereum. People wondered why we did that. Well, it was based off our simulations. Uh, we have a full-time trader staff now for Amplify and basically his Monte Carlo simulations — 1,000 simulations indicated that Ethereum was at least going to test 60. It was prudent to cash in over $200 — the 1,000 Ethereum that we needed and we’ve done that, and that’s been a very wise move obviously. Um, so we’ll just throw it all in this video.

Um, so basically what’s happening now is that those simulations continued to indicate that Ethereum is going to continue its downward trend, obviously, and test all the way down to $60. So, we are going to not cash in, but begin basically attempting to trade up so we can further out position as long as possible. Obviously this bear market is hard on everybody. We’ve made the long bet on cryptocurrency which worked out very well for us. You know, we did a lot of cash ins above $1,200, at $1,200, above $1000. Uh, and so, but when when our ICO price was $225 to $250 in Ethereum, and now you’re talking about $60, it obviously cuts your time by 75%.

So we’re taking advantage of the trader that we have in full-time, and we are going to be actively trading a portion of the Ethereum so that we can trade up basically. So we can sell at the top of the bands, and buy at the bottom of the bands. And actually we’re not doing anything that’s different from what’s in our whitepaper cause we’re not doing anything other than trading it off the USDT, and that’s in the whitepaper, the original whitepaper — you can take a look.

So, we will be actively doing that and you can actually watch that happen, but it’s just to further our position, so we should be able to pick a percentage of Ethereum when we re-buy in, and then once the market turns back bull, which I believe it will in a couple months, then our position will be that much better and we’ll be able to further the time that we have to continue building the products that we want to build until we get cash flow positive, which we expect to do next year.

それでは、Justin Tabbのステートメントを分析して分析しましょう。意味のないものもあれば、そうでないものもあれば、完全にうそをついているものもあります。

モンテカルロシミュレーション

モンテカルロシミュレーションまたは実験は、数値結果を生成するために反復ランダムサンプリングを使用する計算アルゴリズムです。 この問題解決方法は、複数の自由度を持つ変数を含むシナリオでよく使用されます。 私はこれらのアルゴリズムがどのように機能するかについて深く理解することはしませんが、私が言えることは、このビデオの文脈では、モンテカルロシミュレーションに関するJustin Tabbの気軽な言及は彼が何について話しているのか知らないことを示唆します。 シミュレーションの入力ドメインを導き出したバイアスやガイドラインを定義しなければ、モンテカルロシミュレーションを使用してETHの価格を予測することに関するTabbの発言は、単に意味がありません。

まあ、それは私たちのシミュレーションに基づいていました。 ええと、現在Amplifyにはフルタイムのトレーダースタッフがいます。基本的に彼のモンテカルロシミュレーション — 1,000のシミュレーションはEthereumが少なくとも60をテストすることを示していました。

ご覧のとおり、Tabbは、シミュレーションのテスト領域の構築の背後にある心理的バイアス、技術的指標、およびミクロとマクロの両方の要因を集計および定量化するプロセスについては言及していません。 この情報がなければ、Tabbの「1,000回のシミュレーション」は、投資家を騙すために高度な用語を使用したSubstratumのほんの一例です。

ホワイトペーパーの議論

ビデオの中で、Justin Tabbは次のように述べています。

So we’re taking advantage of the trader that we have in full-time, and we are going to be actively trading a portion of the Ethereum so that we can trade up basically. So we can sell at the top of the bands, and buy at the bottom of the bands. And actually we’re not doing anything that’s different from what’s in our whitepaper cause we’re not doing anything other than trading it off the USDT, and that’s in the whitepaper, the original whitepaper — you can take a look.

私は過去にTabbの完全性に疑問を呈したが、それは法外な嘘であるので、この引用は取り引きを封印する。 これを解釈する他の方法は全くありません、そしてそれはJustin Tabbが心の詐欺師であるという私の疑念を確認します。 説明させてください。

ICOの資金をBTC、ETH、USDT、およびUSDに25%ずつヘッジするというSubstratumの計画は、2017年8月のホワイトペーパーの第2版には含まれていません。これは、ICOのヘッジに関するホワイトペーパーの説明です。 資金。

To ensure the development fund is not subject to big market fluctuations, we’re hedging it four ways. By doing this we ensure we have the capital needed to finish each phase of the project budgeted for in the Initial Coin Offering (ICO). Ethereum (25%) BitCoin (25%) USDT (25%) USD Fiat (25%).

まず第一に、1300万ドル以上を調達した暗号通貨の新興企業が「ビットコイン」のスペルミスをしたことは嬉しいことです。 次に、このホワイトペーパーでは、Binanceのような流通市場での取引に投資家が提供したETHを使用したSubstratumについて言及していません。 それでも、Justin Tabbは自分の行動を正当化する必要性を感じ、Ian Edwardsからのツイートに次のように答えた。

@overridepro @SubstratumNet Could you please point me to where exactly it is in the Substratum white paper that allows Substratum to trade its ether for Tether? That was mentioned during the video. Thanks.

それに応じて、Justin Tabbは、ホワイトペーパーの想定されている部分の周りに描かれていない赤い円で、SubstratumのV2ホワイトペーパーの14ページを示すスクリーンショットをアップロードしました。

これもまた、問題のホワイトペーパーのセクションです。

To ensure the development fund is not subject to big market fluctuations, we’re hedging it four ways. By doing this we ensure we have the capital needed to finish each phase of the project budgeted for in the Initial Coin Offering (ICO). Ethereum (25%) BitCoin (25%) USDT (25%) USD Fiat (25%).

太字の文は、Substratumが提案しているヘッジモデルの背後にある理由を投資家に提供しており、その理由は、会社が事業計画を達成するのに十分な資金を確保しているからです。言い換えれば、資金の50%は、事業開発のために(プロジェクトの各段階を終わらせるために)1ホップベースで厳密に資金を調達することを目的として、安定した通貨にヘッジされています。投資家の資金の管理をフルタイムのトレーダーに放棄することによって、Substratumは資金調達とビジネスマイルストーンを達成するためのその潜在的使用との間に追加のホップを導入します(資金調達 — >取引/投機 — >ビジネスマイルストーン)。 Justin Tabbが投資家ファンドの取引の目的は「トレードアップ」と「再購入時に一定の割合のEthereumを選択すること」であると明確に述べているため、これは明白です。最後に、Substratumは基本的に取引会社ではないので、余分な取引/投機のホップを無視することはできず、それが事業開発目的でUSDTまたはUSDにヘッジするのと同じことであると主張します。どうして?なぜなら、「元のホワイトペーパー」で強調されているように、取引はSubstratumの事業計画の一部ではないからです。

結論

この取引発表のタイミングは、市場の現在の状況、ジャスティン・タブの市場に対する信頼感が「数ヶ月以内に」強気に転じたこと、およびAMPX ICOが失敗したことを考えると非常に疑わしいです。これまでのところ公売。これらの事実に基づいて、明らかな結論は、Substratumは深刻な財政難にあり、日中取引やスイング取引の投資家の資金に参加することを余儀なくされているということです。 Tabbが真に市場が今後数カ月以内に逆さまに逆転することになると確信している場合、規制されていない交換で投資家の資金を危険にさらすことのポイントは何ですか? Substratumには、あと数ヶ月間点灯し続けるのに十分なお金がありませんか?

とにかく、コミュニティはTabbの発表を軽々しく受けてはいけません。ホワイトペーパーに掲載されているサブスティトゥラムのヘッジ声明は、投資家が寄付したETHをより多くのETHを累積する目的で取引することとは全く関係ありません。 Substratumが投資家ファンドのトレーディングを進めたいのであれば、リスク管理プロトコルと投資家とのコミュニケーションを詳述した一連のトレーディングガイドラインを発表すべきです — 結局、Tabbは投資家は「実際に取引を監視する」ことができるでしょう。先に述べたように、この最新の開発により、SubstratumのCEOであるJustin Tabbが詐欺師であることが完全に確信しました。彼は、特にPRの面で、このプロジェクトへの松葉杖であり、Substratumは、投資家の資金で世界で最も変動の激しい市場で取引するのが適切だと考えるリーダーがいなければ、ずっと良くなるでしょう。


質問は?

ツイッターまたはメールで問い合わせ。