DatadashはBinanceの廃止に応答する →

2019年2月19日

ニコラス・メルテン:

あなたがSubstratumに投資しているかいないかにかかわらず、これを白黒で見ないことは非常に重要です。これは、プロジェクトとしてのSubstratumまたはSALTの実際の価値とはほとんど関係ありません。私の考えでは、基本はBinanceとはまったく別のものです。

私はSALTについてあまり知りませんので、Substratumについてだけ話します。プロジェクトの基本は、SUBを上場廃止するというBinanceの選択と「完全に別」ではありません。 Substratumの経営の質は根本的に破られており、これは見逃し期限、PR戦略の欠如、そしてCEOが過言を犯さないということから明らかです。さらに、SUB取引量の99%を失うと、ネットワークの収益化モデルが実質的に損なわれます。実際、これは白黒です。私がこれを考えるのは私だけではありません。 Substratum自身のCMOは、チームはSUBを必要としない収益化モデルを模索していると述べています。

もっと読む →

« 固有リンク »


それは煙と鏡の束です

2019年2月17日

ごめんなさい。 昨日、私は Sayonara、Substratum がSubstratumについての私の最後の投稿の2番目になるだろうと言った。 だから、これは私の最後の記事になります。 私は嘘をついた。 基調講演のCMOクリスチャン教皇の声明はあまりにも驚くべきことなので、これは私の最後の投稿ではありません。 最近では、Substratumの財政的に無責任なICO資金の誤報告を「煙と鏡の束」と呼んでいることで有名な教皇。 BinanceがSUBトークンを計画的に廃止することに電光を投げかけた。

もっと読む →


さよなら、Substratum

2019年2月16日

私は交換に関するSubstratum上場廃止の可能性を示唆しました 4か月前 それはついに起こったようです。 今年初めのKucoinからの上場廃止に続いて、Binanceはその取引プラットフォームからCLOAK、MOD、SALT、SUB、およびWINGSを上場廃止することを発表しました。 ここ数カ月間、私はSubstratumの研究にかなりの時間を費やしました、それで私はSUBトークンの上場廃止についてコメントする必要があると感じ、そしてそれがなぜ起こったのかそして何が進むのかについて私の考えを述べました。 要するに、SUBのBinanceからの上場廃止は、黒い白鳥の出来事であり、プロジェクトが完全に回復することは疑いの余地があります。 私が思うように物事がうまくいくとすれば、これがSubstratumについての最後の投稿の2番目になると私は思う。 それに入りましょう。

もっと読む →


Substratumは “ブロックチェーンコンテンツ配信”について説明します →

2019年1月7日

Jason Burns for Substratum:

Hi guys, I’m here to drop a quick video update for today to talk about how Substratum is speeding up blockchain content delivery with machine learning. Now, as most of you know from being involved in crypto, the blockchain is an intriguing decentralized approach to content storage with many benefits. However, the one area blockchain is weak, and thus one of its biggest problems is network latency.

「ブロックチェーンコンテンツ配信」とは何ですか? ブロックチェーンは「コンテンツストレージへの分散型アプローチ」ではありません。 ブロックチェーンは、トレーサビリティとセキュリティのトレードオフとして、ストレージコンポーネントを使用して不変元帳を介して記録を管理するための分散型アプローチです。 ネットワーク待ち時間は、2つのネットワークノード間でデータが送信されるのにかかる時間の単なる尺度です。 ブロックチェーンのプロジェクトがあまりにも重すぎる場合は問題になるだけなので、ブロックチェーンを「弱く」することはありません。

So, why does blockchain have latency? Good question. The same feature that makes the blockchain so powerful is the feature that slows it down. The data that servers deliver, in this case the web content, needs to be verified by other nodes on the blockchain before it’s served to the end user. That involves more queries and responses, and those add up to significant amounts of time from an initial query to the final response, in some cases, servers need to communicate with servers across the world for authentication before reporting and responding to the end user.

これはあからさまな嘘です。 Substratumのネットワーク層は標準のTCP / IPと暗号化技術を使用し、ブロックチェーンを全く使用しません。 Webコンテンツは「他のノードによって検証されている」わけではありません — それはただひどい考えです。 Substratumはこのビデオを使用して、ブロックチェーンの素晴らしい力と、「自由で公正なインターネット」を作成するためのWebコンテンツの検証方法を紹介して、ICO投資家を宣伝しました。 実際には、Substratumが使用した唯一のブロックチェーンは、SUB、同社の資金調達手段、および貨幣化通貨を作成するためのEthereumのERC-20プロトコルです。

Our goal is to eliminate every barrier to widespread adoption of blockchain technology and high latency is one of the major barriers we’re addressing. Our solution uses machine learning or artificial intelligence to optimize server response times by incorporating geo-location data into our querying process. Our blockchain system will cut latency by working with only those nodes closest to the end user.

どのようなブロックチェーンシステムですか?

« 固有リンク »




質問は?

ツイッターまたはメールで問い合わせ。